元SMAP香取慎吾・稲垣吾郎・草彅剛9月ジャニーズ事務所を退社

Pocket

<スポンサードリンク>

木村拓哉 特集一覧

元SMAPの香取慎吾さん、草彅剛さん、稲垣吾郎さんの3人が9月にジャニーズ事務所を退社すると6月13日発売の6月27号「週刊女性」が報じている。

 

以前にも同誌が6月20号で香取、稲垣、草彅ら元SMAPメンバーが独立を決め記事にしており91年9月9日がSMAPのCDデビューであり3ヵ月前の6月9日に意思表示があるのではないかとささやかれていた。

 

だが元SMAPのリーダー中居正広さんは、まだ進退を明言していないという。

 

そして事務所から特別待遇ともとれる措置がとられているようだ。

 

「ジャニーズ事務所は中居に対し6月末のデットラインを徹回して“9月まで答えを出せばいい”と期限を延ばしているそう。もしかしたらその間にも夏の特番など、新規の仕事が舞い込んでいるのかもしれません。中居に残ってもらいたい思惑が見えますね」(芸能プロ幹部)

 

残留するのではないかと言われていた、稲垣吾郎さんでしたが退社を決意したようだ。稲垣さんは近しい知人に“中居クンの(残るか出るか)考えは本当によくわからいんだよね”と、こぼしていたそうだ。

 

4人と合流する予定だった元マネージャーの飯島三智さえも、“私も(中居の)現状がどうなっているのか聞いていないのよ”と話しているという。

 

中居正広らSMAP独立組のメンバー4人が、ジャニーズ事務所と契約を更新するか否かに注目が集まる中、SMAPの元チーフマネジャー・飯島三智(いいじま みち)氏が2016年12月21日、ラオックスの関係者が立ち上げていた新会社の代表取締役に就任し、マネジメント会社「B」が世田谷区で設立されたのです。

 

飯島三智はラオックスの社長・羅怡文社長夫人と親密な関係を以前から築いていた。ラオックスの羅怡文社長は中国の芸能界や政治の世界に太いパイプがある大物である。

<スポンサードリンク>

 

飯島氏は昨年2016年夏には、中国資本の大手総合免税店にてバリバリ活躍していた。

 

日本の芸能界ではなく、SMAPの独立組と指されている4人を引き連れて、中国進出を計画しているという憶測を報道した。

文春の報道ではSMAPの独立組と指されている4人(木村以外)を引き連れて、中国進出を計画しているという見解もある。

 

香取、稲垣、草なぎの3人はジャニーズ事務所を退社し元マネージャーの元へ行くのでしょうか?

 

一方、ジャニーズ事務所に残ること決めている木村拓哉さんは6月4日のお昼に都内のおしゃれなカフェで家族で、休日を満喫していたという。

 

「時折、英語を交えながら家族でブランチを楽しんでいましたよ。静香さんはお嬢さんに“パーマかけちゃえば?”とたわいもない話をしたり、木村さんは妻と娘に料理を取り分けたり、まさに絵に描いたような幸せな家族でした(居合わせた女性客)

 

そんな木村さんはジャニーズ事務所にメンバーが退社した後も干さないで欲しいと直談判したとと「デイリーニュース」は報じている。

 

「どうやら木村が、退所組がジャニーズを離れた後も、仕事への圧力をかけないでほしいとジャニーズ事務所に対して直談判していると言われています。また、残留する中居と稲垣に対しても騒動におけるペナルティなどを与えないようにと懇願しているとか。木村はSMAP騒動をきっかけに、CMを降板させられるほどのネガティブイメージがついていますが、苦楽をともにしてきたメンバーのことはやはり気にかけている様子。中居が残留を決めたのも、こうした木村の様子を見ての決断だったとも」(前出・関係者)

 

9月までSMAPメンバーがどういう方向に進むか目が離せません。

木村拓哉 特集一覧

<スポンサードリンク>