SMAP木村拓哉(22)からキムタクへ手紙!


<スポンサードリンク>
 
今だからこそ振り返えってみたいと思います。若かりしころの“木村拓哉”(キムタク)とは一体どういう人だったのでしょうか。
 
 
1995年8月26日・27日放送の24時間テレビ 「愛は地球を救う」で100通の手紙の中で、木村拓哉さんが自分自身であるキムタクへ手紙を送っています。
22歳だった木村拓哉さんの思いとは…
 
 
キムタクへの手紙
 
今朝、歯をみがく時、鏡に映ったお前の顔を見て、思わず笑いそうになった。
 
 
みんな、こいつのどこがいいんだって。
 
 
夏のくそ暑い朝に、寝癖の長い髪がやけにムカついた。
 
 
表向きでは、SMAPとか言われて、キャーキャー騒がれてるかもしれないけど、
 
お前だって、外に出れば日焼けしたミニスカートの女の子を気にして目で追っかけてるくせに…
 
 
そんなヤツが女の子の前で、キムタクなんて言われてるのを見ると、マジでふざけてると思う。
 
 
キムチだかタクアンだか分かんねぇ目つきの悪いお前のどこがいいんだ?
 
だから今、そんなお前に言っておきたいことがある。
 
 
お前さぁ本当に、SMAPの一員で良かったな。
 
 
お前以外の5人がいなかったら、きっと今頃、なんでもないつまらないヤツだったと思う。
 
 
ライバルであり、パートナーであるメンバーがいたからこそ、今お前はキムタクだなんて呼んでもらえるんじゃねぇか?
 
それから、いつも自分が支えてもらってるっていう事を忘れるな。
 
 
この言葉は、俺がいつも両親に言われてる事だけど、今日は特別にお前にも教えてやる。
 
 
小さな事でも、どれだけの人がお前を支えてくれているか考えたことあるか?
 
たまにはそんな人達に感謝して、その人達のために、何か出来ることをやってみたらどうだ?
 
 
負けず嫌いなお前だから、こんな事言ったら、またムッとするかもしれないけど、どのくらいの事が出来るか、俺もちゃんと見ててやるからやってみろ!
 
もしだらけそうになったら、他のメンバー5人をよく見てみろ。
 
 
 
そうすれば、自分が何をすればいいのか分かるはずだ。
 
 
それで、もし俺も納得できることが出来たのなら、お前の事、キムタクって呼んでやってもいいと思う。
 
 
でも、なんでこうやってお前に手紙を書いてるのかを考えると、しゃくにさわってくるから、もうこの辺で終わらせる。
 
 
木村拓哉
 
 
 
<スポンサードリンク>