木村心美ちゃん桐朋音高入学?木村光希の2017年 現在画像【女性自身】


<スポンサードリンク>

木村拓哉 特集一覧

木村拓哉さんと工藤静香さんの長女・心美ちゃんが都内名門私立高校に入学式したと、4月25日発売女性自身」が報じた。ネット上ではこの「都内の名門私立学校」は桐朋音高入学ではないかと話題となっています。

そして、次女の木村光希ちゃんの大きくなった姿が捕らえられた。ネット上ではダウン症ではないかとかと噂されていましたが、今回の画像で嘘であったことが明らかに!

 

木村心美ちゃんの容姿は?

 

「心美ちゃんは、まさにお父さんに生き写し。パッチリした瞳が印象的な美人です。

同級生と比べると落ち着いた雰囲気で、高1とは思えないほど大人びた印象です。

早くも学内では評判になっていますよ」(学校関係者)

小さい時の顔はこちらです。

画像は悪いですがもう少し大きくなった木村心美ちゃん

画像がぼやけていますが、鼻がなんとなく木村拓哉さんに似ているように見てとれます。

以前、SMAP解散騒動でハワイ旅行から帰国した際に撮られた心美ちゃんの写真です。

工藤静香さんの後ろを歩く木村心美さんの姿をみた報道記者は

「顔は木村さん似で、スラーっと細くて長い手足は、静香さん譲り。私の目には若い頃の宮沢りえ似に見えました」という発言もあり、

やはり、木村心美ちゃんはお父さん譲りの顔立ちをしているのかもしれません。

身長も15歳にして母である工藤静香さん(163cm)を超えてるといいます。

 

木村心美ちゃん桐朋音高入学?

都内名門私立高校に入学して約2週間、すっかり“アイドルJK”ぶりを発揮しているという。

中学までインターナショナルスクール通っていた心美ちゃん。

日本語、英語、フランス語の3カ国語堪能。幼少期から習うフルート、ピアノも相当の腕前といわれる。

「心美ちゃんは交響楽団の先生にフルートの個人レッスンを受け、老舗楽器店のジュニアコンクールで入賞するほど実力をつけてきました。

ピアノも上手ですが、高校受験を目指すころには『本格的にフルートを学びたい』という思いが募り、

音楽教育の土壌がしっかりしているこの高校を選んだみたいですね」(芸能関係者)

この「都内名門私立高校」というのは【桐朋女子高等学校 音楽科(男女共学)ではないかとささやかれている。

都内の音楽科がある学校はこちら。

・東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校 – 音楽科
・東京都立総合芸術高等学校 – 音楽科
・東邦音楽大学附属東邦高等学校 – 音楽科
・日本音楽高等学校 – 音楽科
・国立音楽大学附属高等学校 – 音楽科
・桐朋女子高等学校 – 音楽科
・東京音楽大学付属高等学校 – 音楽科
・上野学園高等学校 – 音楽科

その中で上位にあがる名門

ピアノ・弦楽器なら

【1位】 東京藝術大学(国立)
     桐朋女子高音楽科(私立)
      ・・・男女共学で、実質桐朋学園大の付属。

音楽家を目指すなら、この2校の名前をあげれば「ご優秀ですね」と言われる学校だそうです。

<スポンサードリンク>



【2位。1位にも食い込み始めた上昇株】 東京音大付属(私立)

 国立(くにたち)音大付属(私立)
 武蔵野音大付属(私立)
 洗足音大付属(私立)などの名もありますが。

工藤静香さんが入学式でドヤ顔で誇らしそうに歩いてるということもあり

東京藝術大学(国立)か【桐朋女子高等学校 音楽科(私立)】

のどちらかではないでしょか?

さらに「高校生では途中で気が変わることもあるので、いろいろな意味で融通が利く学校を選んだのは正解」とフリー奏者の女性が語っています。

これを読み解くと、普通科のある桐朋女子高等学校 の方があてはまります。

ネット上でも【桐朋女子高等学校 音楽科(私立)】の可能性が高いのではとされています。

「静香さんが心美ちゃんを誇らしく思うのも分かります。それほどこの高校は、都内有数の難関校。 とくに心美ちゃんが進む専攻課程は、奏者を目指す精鋭たちが全国から集まります。

フルートはピアノやバイオリンに次ぐ人気楽器なので、倍率も相当高かったのではないでしょうか。 卒業生には、誰もが知っている世界的な音楽家たちが名を連ねています」(音楽教室運営者)

 

「進路について、静香さんは心美ちゃん本人と木村さんと3人で何度も家族会議を重ねたといいます。

熱心な静香さんは、心美ちゃんの志望する高校のことを隅々まで調べ上げ、さらにほかの選択肢考慮しながら娘と話し合ったそうです。

音楽の芸術性を高めるため、フランスへのフルート留学も考えたようですが自分で選んだ日本の高校に入学することになりました。

ただ、日本の高校を選んだからといって、海外留学への道を切り捨てたわけではないようです。」(木村夫妻の知人)

工藤静香さんは娘たちの子育てについて

《子育ての方針をあげるとすれば、自分の人生を自分で決められる人に育ってほしいですね。どんな職業でもかまわないから、自分で決めたその仕事をエンジョイしてほしいと思います。》と(Como’05年5月号)で語っています。

心美ちゃん自身で選んだ高校生活をエンジョイしてほしいです。

そして、次女・光希ちゃん(14)が姉の入学式に母である工藤静香さんと参加し、大きくなった姿を捉えられた。


木村光希の現在

4月上旬に行われた入学式には、心美ちゃんが一足先に登校。入学式典に合わせて後から静香が現れた。
紺のスーツに身を包んだ静香が同伴していた。

そして、今回「女性自身」が捉えた、工藤静香さんと心美さんの2ショットです。

こちらの画像を載せた「女性自身」の記事が一日もたたずに消されています。

やはりジャニーズ事務所からの圧力で消されてしまったのでしょか?

「光希ちゃんはすでに静香さんよりも背が高く、モデルさんのようなスタイル。お顔は、お姉さんと同じくパパそっくりなんです。

ほとんどすっぴんのナチュラルメイクでも、目を引く美人でした。

入学式の日はデコルテが透けた黒のワンピースにグレーのジャケット、足元はハイヒールというコーディネート。

とても中学生には見えない、大人顔負けのファッションセンスです」(前出・学校関係者)

↑この学校関係者の言うことが事実であれば、木村光希ちゃんの顔は木村拓哉さんに似ているということで、もしダウン症であったら、ダウン症特有の顔になるので、やはり噂は嘘だったようですね。

今後、心美ちゃん・光希ちゃんの芸能界の可能性もありそうなので期待したいです。

木村拓哉 特集一覧

<スポンサードリンク>