木村拓哉 火曜サプライズ初登場!杉咲花と京都アポなし旅【4月25日】

Pocket

<スポンサードリンク>

木村拓哉 特集一覧

4月25日の日テレ「火曜サプライズ」(19:00~放送)に初登場した木村拓哉さんと杉咲花さん。

 

3月30日に映画「無限の住人」のイベントがあり京都にいた木村拓哉さんと杉咲花さんが京都アポなし旅に参加。

そして、ウエンツ瑛士さんと木村拓哉さんの大ファンというオリラジ藤森慎吾さんも参加。

京都・太秦の撮影所でおすすめのお店の聞き込みを開始!

 

杉咲花さんが知っているスタッフを発見!

大村さんという方からのおすすめのお店は?

きくや」さん

ウエンツ「撮影中の木村さんはいかがでしたか?」

大村さん「一切、文句を言わないですね。本当に尊敬しました。」

 

木村さんが山本さんという方を見つけると

すごく仲良さそうにじゃれ合い、木村さんの背中に隠れる山本さん。

そんな山本さんに勧めれれたお店は洋食屋さんの「アララ

 

撮影所を歩いていると田村正和さん専用の駐車スペースを見つけると

木村さんは「ここに停めます」と古畑任三郎のモノマネ!!(笑)

オリラジ藤森さんは「気さくにあんなことやってくれんの?」と驚き。

 

美術の溜まりという所へ移動し、極並さんという方からも

「きくや」さんと「アララ」さんのお店をすすめられる。

 

ウエンツ「無限の住人でご一緒されたんですか?」

木村「もうバリバリ。小道具から全部」

藤森「ここにもなんか無限の住人の、、、」

極並さん「あれ」と言われた方を見ると、映画に出てきた赤い風車と実際に使用した剣が。

木村「ラバー刀と言って本当に当てるんです。全部」

オリラジ藤森が実際にラバー刀を体験!

きくやさんへのアポをする人をじゃんけんで決めることに。

杉咲花さんが負けてアポをすることに。

行ってみると営業時間外のためアポ失敗。

「きくや」

京都市右京区太秦多薮町37

カレー煮込みうどんが名物。

 

アララへのアポじゃんけんでも杉咲花さんが負けてお店へ。

アポ成功しお店の中へ。

「カフェレストラン ア・ラ・ラ」

京都市右京区太秦多薮町14-53

 

ウエンツ「花ちゃん今何歳?」

杉咲「19歳です。」

木村「19歳の頃、何やってたの?」

ウエンツ「僕はWaTのストリートライブ終わってインディーズデビューしたぐらいですね」

藤森「俺、大学生でしたね。それこそ木村さんのドラマ見る度にファッション変えて、髪型変えてやってた時期ですね」

ウエンツ「木村さんは?」

木村「19歳はまだデビューの前だよね。」

ウエンツ「ジャニーズ入ったのおいくつですか?」

木村「入ったのが15~16歳、15。」

ウエンツ「その時はもう誰かに憧れてたんですか?」

木村「全然。親戚が(履歴書)勝手に送ってて。(オーディション)4回ぐらいバックレて

結構アンチだったんで」

ウエンツ「元々は興味なかった、何になりたかったんですか?」

木村「飼育係。動物園の。」

 

木村「動物が大好きでムツゴロウ王国(で働くこと)とか本気で考えてたからね」

 

ウエンツ「今回の撮影の時、京都に居っぱなしだったんですか?」

木村「花ちゃん、ほぼ居っぱなしだったでしょ?」

杉咲「そうですね。空いてる日はかき氷屋さんに行ってました。」

ウエンツ「夏の撮影だったの?」

木村「冬。冬、むしろ極寒」(笑)

杉咲「かき氷が好きで。いっぱいあるんです京都にかき氷が置いてあるお店が。巡りました。」

 

杉咲花さんお気に入りのかき氷

二条若狭屋 寺町店

宇治金時 1296円(税込み)

 

 

お店から「とりあえず、これ食べててください」と熱々のクロワッサンが出されると

さっそく食べる木村さん。

それを見て藤森さんが「木村さんが食べる時の顔、すごく好きなの」

「食べる時の口の形がめちゃくちゃカッコイイ」と告白。

もう一度、木村さんが食べるところを見せてもらうと

「本当に好き」と本音が漏れる藤森さん(笑)

「本当に好きってちっちゃい声で言わないで(笑)」と突っ込む木村さん。

 

それぞれ料理が運ばれてきて、木村さんの食べているところを見て

藤森は「(美味しさ)伝わるもんね。ごちゃごちゃ言わないんだよね」と言うと、

藤森さんが木村さんのようにマネをするが

<スポンサードリンク>

ウエンツに「視聴者はお前は喋れよ!って思ってるよ(笑)」と突っ込まれる。

ウエンツが「木村拓哉風にいかせてもらうよ!」とマネをすることに!

「エビフライいただきます。ちょ待てよ!」と言って食べると

木村さんからは「わりと小口っていうね」と突っ込まれ、なんとも言えない空気の中

杉咲花さんがウエンツに「ちょ待てよ!」と突っ込むと大爆笑!

「花ちゃんのおかげで助かったよ」とウエンツも安堵。

 

次の目的地はかき氷を探しに嵐山へ!

しかし、ロケ当日は嵐山の観光シーズン真っ只中で、木村さんが出るとパニックになるのでアポなしロケは難しい状態。

外で聞き込みができない状況にウエンツは「使いましょう。文明の利器」と携帯を出すと

スマホで近くのかき氷屋さんを検索することに。

そんな状況の中、木村さんと藤森さんがLINE交換を!!

これには藤森さん大興奮!!

「梅園」というお店に電話でアポを取ってみると

かき氷は4月後半からということで、

弾丸で探しに行くことになり、グーパーじゃんけんで決めることに。

負けたのは、ウエンツさんと藤森さん。

かき氷を探すウエンツと藤森さん。

そこへ木村さんが藤森さんにライン電話をかけ現状を確認

「木村さんと喋っちゃった」と嬉しそうな藤森さん。

かき氷がないため、ソフトクリームを買ってロケバスへ戻ると

杉咲さん「かき氷じゃない…」と言うと

藤森さんは「かき氷はこの時期無い。どこもやってないんだ、花ちゃん」

 

ゲストに隠れ家を紹介するコーナーをやってる藤森さん。

藤森「アポなしはもちろんなんですが、万が一のことも考えて1店舗だけ隠れ家をご用意させていただいてますので」と説明し隠れ家へ!

steak オオツカ

OPEN 11:00

CLOSE 14:30

営業時間3時間半のみ!

 

ウエンツ「営業時間がランチで3時間半ですね」

店長「お客様に対して最低限・最高の商品を出したいという思いがありまして、その商品も1日に限られてますので、質を落としてまではやりたくないので」

ウエンツ「そんな中でおすすめのメニューを」

店長「当店、年間約80頭しか出ない幻の村沢牛という超高級和牛を」

 

村沢牛

長野県・村沢牧場でこだわりの飼育方法で育てられた年間約80頭しか出荷されない幻の和牛。

全国の品評会で「最優秀賞」を受賞。

 

藤森「普段の木村さんってどんな感じの人なの?」

杉咲「すごく紳すぃ(紳士)な方」

木村「なんつった?」

杉咲「ぷいっ(笑)」

藤森「ねぇ、可愛すぎるね!」

木村「でも、今日はいい加減、直せよって癖は直ってます。」

藤森「どんな?」

木村「笑う時に必ず、鼻に手がいく」

杉咲「定位置です(笑)」

ウエンツ「逆に木村さん見てて癖ない?」

杉咲「“きてるねって”よく」

木村「言うかな?飯とかの時に言うかも」

杉咲「何がきてますか?(笑)」

藤森「聞くんじゃないよ!それは(笑)」

 

村沢牛サーロインステーキセットがくると

木村さん一口食べて「きすぎ」と一言。

「すっげぇよ、マジで!」と興奮!!

木村さんが藤森に食べさせてあげるというサプライズ!!

ローストビーフ丼では藤森が木村さんに

「さっき、もらったので。拓哉さん、俺の夢叶えさせてください」と木村さんに食べさせるというサプライズ!!

木村「花ちゃんも食べたがってるよ」とウエンツに言うと

杉咲さんに食べさせてあげようとするウエンツ。

口を開けるのに食べさせないウエンツに「それはやめろ!」と突っ込む木村さん。

 

藤森「外食はされます?」

木村「外食しますよ」

藤森「ご家族以外、誰と行かれるんですか?」

ウエンツ「誰と仲良いか気になるね」

木村「えっと、前歯の出たおしゃべり怪獣とか」

ウエンツ「良かったら一緒に」

藤森「よかったらじゃねえわ!(笑)」

木村「花ちゃんとも東京帰ってからまだ(食事)行けてないんだよね?」

藤森「無限の住人の打ち上げしましょうか?」

木村「もし、それをやるってなったら、隼人も呼ばないとだめですね、真之介も呼ばないとダメですね、」

藤森「海老蔵さん居て、福士くん居て、いよいよ藤森なぜいる?ってなりますよね?(笑)」
ウエンツ「木村さん今までいろんな作品やられてますけど、この無限の住人のキャラクターどういう立ち位置ですか?木村さんの中で」

木村「これは、やるべきだなって思って。今まで経験したことないかもしれないですね。」

藤森「本当に最初から最後までアクションシーンすごいし、映像も役者さんのお芝居もすごいですし大興奮ですよ」

 

木村拓哉 特集一覧

<スポンサードリンク>