2017年4月10日放送「さんタク」視聴率は10・4%

Pocket

<スポンサードリンク>

木村拓哉 特集一覧

明石家さんま(61)と元SMAP木村拓哉(44)が出演した4月10日放送のフジテレビ系「さんタク」(後9時)の視聴率が10・4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録した。

『やりたいことをやる』をテーマに、特別番組として2003年にスタート。

今までは1月に放送されてきたが、15年目で初の4月の放送になっていた。

オープニングでは、さんまさんが「答えんでもええよ」と前置きしつつ、「どうなって、どうなったの?」とSMAP解散の真相に踏み込んだんだが、

<スポンサードリンク>

木村さんは「言わなくていいじゃないですか、もう…」「また振り出しになっちゃう。せっかくこの時間を過ごしたのに」と真相についてのコメントは控えた。

 

番組では木村がさんまの1日付き人になった。

木村がさんまの付き人を務めた密着VTRが流されたのだが、終盤の合コンシーンに関して、視聴者の間で辛らつな意見が飛び交ったという。

「スピードワゴン・小沢一敬やとろサーモン・久保田和靖が開催する合コンに、さんまと木村が参加する様子が放送されました。

女性陣には、紅蘭、岡副麻希、今井華、ダレノガレ明美が参加。

その合コンにて冒頭、久保田が自己紹介をしているにもかかわらず、隣に座っていた紅蘭がタバコに火を着け、彼に煙を浴びせ続けたことで、久保田が『煙をかけるな俺に!』と注意する一幕があったのです。

しかしその後も、彼女はタバコをひたすら吸い続けたことで『よくこのタイミングでタバコ吸えるな』『タバコを吸う女は下品に見える』『芸能界の先輩たちの前で失礼』と厳しい意見が殺到しました」(前出・テレビ誌記者)

木村拓哉 特集一覧

<スポンサードリンク>