『無限の住人』完成報告会見!木村拓哉 市原隼人にLINE無視された?

Pocket

<スポンサードリンク>

木村拓哉 特集一覧

木村拓哉さん主演映画「無限の住人」の完成報告会見が行われました。

 

環境が変わった2017年、新たなチャレンジをさせた木村拓哉さんが市原隼人さんにLINEを送っていたが無視されていたこと明かし、さらに撮影中にトラブルでケガをしたことについて語っています。

 

この日、主演の木村拓哉さん、杉咲花さん、福士蒼汰さん、戸田恵梨香さん、市原隼人さん 三池崇史監督員らが出席した。

木村拓哉さんは「こうして三池組の一因として皆さんの前に登場することができてうれしく思っています。」と思いを語り会見がスタートし出演者による映画の見所について答えています。

過酷な撮影!

「全ての人たちの情熱がそこに毎回あったので

とにかくケガには気をつけて撮影ということではあったんですけど、

 

撮影中のちょっとしたトラブルで 自分がケガをしてしまったり

撮影現場が あまりにも過酷で三池監督が足を折ったり(笑)

 

なんか“絶対に前に進むんだ!”というモチベーションが常にあったので楽しかったです。

(木村拓哉さんは撮影中に右膝の靭帯(じんたい)損傷もありましたが、痛み止めを打って、それを乗り越えて撮影をしたそうです。)

福士蒼汰さんが語る苦労

悪役にして最強に剣士という役柄で、本格的な刀の立ち回りも初めてだったとか?》

 

福士蒼汰「殺陣という面でも刀ではなく鎌のような斧だったのでその形のもので練習する機会もなかったりとか、僕自身も1つの武器で大変だったなって思いながら、

 

木村さんもかなりの数の武器を使われていたのですげぇな!!って単純に。

 

(万次が様々な武器を使うことが)原作にもそれが面白いポイントとして出てくるのでなんかそういうところも見所になっているのかな…」

 

撮影について語る中、木村拓哉さんに質問!

<スポンサードリンク>

《(みなさんとの)共演で一番印象に残っていることは何でしょうか?》

 

木村拓哉「杉咲さんに関しては、どんな状況においても120%の力でワンカットワンカットに挑んでいる

。彼女に対して全力で応えたいなという思いをずっと持たせてくれた」

 

杉咲花「木村さんが本当にカメラに映っていない時でも“私の目線に万次さんがいる”と、お芝居をしてくださって。

ケガをされていてもアクションをしてくださったんです。

 

本当に目の前で起きていることを受け止めることができました。」

 

さらにこの映画を通して木村さんが親しくなったという市原隼人さんについて。

 

市原隼人LINE無視?

木村拓哉「当時LINEの交換をさせてもらってて『今度 車いすバスケをやる』とか『今度 ドラマをやるんだ』とか『こんなCMやってんだ』とか目にするとうれしくて(LINE)送ってたんですけど…

 

一切 既読がつかなくて“これはまずいな!”って思っていたんですけど

さっき お話を伺ったら。

 

交換した当初の携帯をグチャグチャにしてしまったらしくて、新機種に変わってました。さっき無事(LINE)交換しました。」

 

木村拓哉さんの思わぬ暴露に恐縮しっぱなしの市原隼人さんは撮影中の木村拓哉さんのエピソードでフォローをこころみます。

 

スタッフにマッサージ!?

 

市原隼人「僕も印象を言っていいですか?すみません!

(木村さんが)マッサージされる器具を持っていらして現場で

疲れていてカメラマンの首がまわらなくなったりする時があるんです。

 

(木村さんが)マッサージしてあげたりとか

自分のことよりも周りの立場にたって考えていける、自分の時間を削ってでも。

 

こういう男になりたいな

こういう在り方で居たいなと

 

思わせて頂けたのが

僕は本当に初めてだったので

感謝しています。

 

すいません 失礼しました」

木村拓哉 特集一覧

<スポンサードリンク>