ソフトバンクSMAP特別CM関東だけで720万人!

Pocket

<スポンサードリンク>

木村拓哉 特集一覧

昨年末にSMAPの冠番組『SMAP×SMAP』が12月26日に最終回を迎え。20年以上に及ぶ人気番組のラストということで、放送中は随所に感動するポイントがあった、午後10時ころにソフトバンクによるサプライズCM「SoftBank→SMAP」が放送された。このCMを見た人は関東一都六県で約720万人に到達していたことが明らかになった。テレビ番組の視聴率やCMの広告効果などを調査する株式会社ビデオリサーチが17日に発表した。

SMAPは2009年6月から2015年6月まで、イメージキャラクターを担当。累計80本ものCMに出演した。最終回に放送されたのは、「オリジナルスマイル」をBGMにこれまでSMAPが出演したソフトバンクのCMでの名場面をつなぎ合わせた、“完全新作”CMだった。

CM画像まとめ

CMではSMAPの名場面の合間には

「あんなことや」・「こんなこと」・「いろいろしていただきました。」

「今まで」・「本当に」・「ありがとう。」

というテロップのメッセージが挟まれ

ラストには「白戸家」のお父さん犬が切なげな表情で

「さよならじゃ、ないよな」とつぶやき。

<スポンサードリンク>

今まで「SMAP→SoftBank」だったロゴが「SoftBank→SMAP」に変わっていたことで「愛を感じるメッセージ」とファンの涙を誘った。

ソフトバンクの調査結果

CMをリアルタイムで見た人は関東一都六県の中だけで531万人。それに「録画したものを見た人」「Web記事で内容を知った人」をあわせると、このCMの到達人数の合計は約722万人もみたという。


(出典http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170117-00000013-flix-ent)
特別CMにおける接触行動パターン -(C)株式会社ビデオリサーチ「VR CUBIC」

また「量」だけでなく「質」に関する調査結果について、ソフトバンクの企業イメージアンケートをビデオリサーチが行ったところ、リアルタイムでCMを見た人は総じて好印象をソフトバンクに対して抱いており、「話題性のある」「先進的な」「親しみのある」といった項目で、CMを見ていない人よりも評価を高くしている。


(出典http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170117-00000013-flix-ent)
特別CM接触者と非接触者のSoftBankイメージ -(C)株式会社ビデオリサーチ「VR CUBIC」

このCMはSMAPの楽曲「オリジナル スマイル」にのせて、SMAPメンバーが出演していた過去のソフトバンクのCMの映像などをつないだもの。解散を控えていたSMAPメンバーへの感謝をつづったコピーや、「白戸家」シリーズのお父さんからの「さよならじゃないよな」の問いかけなどが詰まった60秒のCMは、大きな反響を呼んでいた。(編集部・海江田宗)

木村拓哉 特集一覧

<スポンサードリンク>