木村拓哉「フレンドパーク」エアホッケーに(やらせ・せこい・反則)の声が!


<スポンサードリンク>

木村拓哉 特集一覧

1月9日に放送された「関口宏の東京フレンドパーク2017新春ドラマ大集合SP!!」に木村拓哉さん率いるドラマ「A LIFE~愛しき人~」(アライフ)メンバーが出演しゲームを楽しんでいた。そして最終アトラクション【エアーホッケー】をプレイし勝利した。そのプレイに対して(やらせ・せこい)という検索が急上昇した。いったいなぜ(やらせ・せこい)という検索が急上昇してしてしまたのかを検証してみたいと思います。補足としてハイパーホッケーは「フレンドパーク」内でのコーナー名で、本来はエアーホッケーというゲームです。

木村拓哉さん率いるドラマ「A LIFE~愛しき人~」第1アトラクション【チームはウォールクラッシュ】第2アトラクション【ネヴァーワイプアウト】第3アトラクション【フラッシュザウルス】第4アトラクション【バディ&ブレイン】と順調にアトラクションをこなし最終アトラクション【ハイパーホッケー】までに金貨を3枚獲得していました。

そして、(やらせ・せこい)と言われたのが木村拓哉さんのプレイとなったハイパーホッケー。竹内結子さん・木村文乃さんペアが3対1で負けている場面から引き継いだ。木村拓哉さん・松山ケンイチさんペアがお笑いコンビ「ホンジャマカ」の石塚英彦さん・恵俊彰さんと対戦した時のこと。5点先取で勝負が決まる土壇場での状態だった。

 

「せこい」・「反則」

木村拓哉さんは支配人の関口宏さんに円盤を受け取るとラケットで静止させ、それを移動可能な範囲で敵軍近くまで運び、強い一撃で一直線にゴールに叩き込んだ。

このプレイに対して「せこいや反則」のいったツイートがされた!その理由として、エアホッケーのルールでは1回目で止めて打ってはいけないというツイートが上がっていた。実際に日本エアホッケー協会の公式ルールを調べてみると、たしかに反則行為として「ルール一回一回、止める・押さえてから打つ。」というルールがありました。ですが素人の人がこのルールを知っているのでしょうか?

私もゲームセンターなどにエアホッケーが置いてあると、ついエアホッケーをプレイするのですが、ルールがあることなど知りませんでした。そういった人が多いのではないのでしょうか?と言ってもアンチ木村拓哉の方はそれでも攻め続けると思いますが。今回、審判を務める関口宏さんや副支配人である渡辺正行さんもこういったプレイに指摘することがなくゲームを続行させた。6年ぶりのフレンドパークとあってルールを忘れていたのか指摘はなくプレイを続けさせ、ルールを知らない木村拓哉さんは勝利するためにこのようなプレイを行っただけなので「せこいや反則」と言われてしまうのは悲しいですね…

今回のことで以前に放送されていた「フレンドパーク」を見直した人がいるようで、こういったプレイはレギュラー番組のときからやっていたプレイのようだ、そしてホンジャマカの恵さんもこういったプレーをやっていたという話もあるので、この番組ではいいのではないのでしょうか?

やらせ疑惑!?

そして「やらせ」については木村拓哉さんの強い一撃で一直線にゴール石塚さんと恵さんが手も足でずに4連続ゴールを決めたことでわざと負けたのではないかという疑惑が。

<スポンサードリンク>

私の持論になってしまいますが、まず今回6年ぶりのエアーホッケーで石塚さんと恵さんが久しぶりのプレイで感覚が鈍っていたのではないでしょか?そして石塚さんの年齢は現在54歳、そして恵さんの年齢が52歳と、以前は40代前半だった2人が、6年という月日で50代となったのも敗因の一つだとは思いますが、何度もそのプレイを見直したのですが、しっかりと2人は反応して動いています。相手陣地が近くまで運んでからの強い一撃で一直線にゴールだったのであれは動けなくても仕方なかったのではないでしょうか。

わかりにくいですがその時の画像です。

それにしても木村拓哉さんの強力ショットでのコントロールの良さはやはり凄いものがあると思います。相手の隙間をよく的確に狙えるなと感心してしまいます。SMAP解散の悪役とし今現在アンチ木村拓哉が多い事もあり何をしても悪い評判しか広がらないんでしょうか…残念です。

負けずにこれからも木村拓哉さんは木村拓哉さんのままで前に進んでいってもらいたいですね。

少し話は戻りますが、今回の事もあったのでエアホッケーの正しいルールをどうぞ

日本エアホッケー協会公式ルール

自分の陣地内で、パックを保持できる時間は5秒まで。
反則行為を行った場合は。基本的には注意。
場合によっては、ペナルティ0~2点。
反則負けを言い渡されることもある。

危険球とみなされた場合、まず注意を言い渡される。
注意を無視して、危険球を打ちつづけた場合は警告。
警告後、自発的な危険球を行えば、反則負けとする。

相手に怪我を被わせた場合は、
審議により反則負け。
もしくはペナルティ0~2点ののち試合を続行する。

パックを場外へ飛ばす、または、浮かす行為を行った場合は、
相手のサーブからとする。
どちらがパックを場外へ飛ばしたのかは、審判が判断。
場外へ3回飛ばした場合、ペナルティ1点
場外へ5回飛ばした場合、ペナルティ2点
場外へ6回飛ばした場合、ペナルティ3点
それ以上飛ばした場合は、反則負けとする。
あと、場外へ飛ばして、パックが見つかるのが非常に遅れた場合は
飛ばした人の反則負けとする。

サーブを行う場合。
一度手をパックから離したらもう触れてはならない。
誤ってマレットに触れずに相手側へ入った場合は、相手のサーブからとする。

時間切れの場合は点数の多い者の勝ちとする。
同点であれば、延長サドンデスとし、先に1点とった者の勝ちとする。
延長サドンデスでの、ルール違反の場合は、即反則負けとする。

禁じ手を言い渡された場合。
それを使うとペナルティ0~2点。
または警告・反則負けとする。

あくまでマナーのある良識的なプレーをするように。
******** 反則行為 *********

罵声を浴びさせる。
素手・腕でパックに触る。
一回一回、止める・押さえてから打つ。

******** 特殊な反則行為 *********

サーブを打たずに手で投げる。
マレットを投げる。
台の上に飛び乗る。

これだけのルールがあったをご存知でしたか?一般的に友達遊ぶ程度なら、楽しくプレイ出来ればいいのではないでしょかか…

木村拓哉 特集一覧

<スポンサードリンク>