草なぎ剛主演ドラマ『嘘の戦争』あらすじ、視聴率、みんなの感想まとめ!


<スポンサードリンク>

木村拓哉 特集一覧

草なぎ剛さん主演の関西テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『嘘の戦争』の第1話目が1月10日に放送され、平均視聴率が11.8%だったことが11日、明らかになった。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。
2015年1月クールに放送された『銭の戦争』に続く復讐シリーズ第2弾!
草なぎにさんにとってSMAP解散後初の出演となるドラマと注目を集める中、好スタート!

関西地区・・・15.5%
静岡地区・・・19.0%
札幌地区・・・15.2%
広島地区・・・15.5%

噓の戦争ストーリー・あらすじ


(相関図)

親の仇を胸に詐欺師となった男は、復讐の鬼と化す!!
母と弟を殺し、自ら無理心中した父――けれどそれは、仕組まれた殺人事件だった。
その犯人の顔を見てしまった9歳の主人公・浩一は、警察に「犯人は父ではない、自分は真犯人の顔を見た」と繰り返し証言するが、信じてもらえない。それどころか、「嘘つき」と呼ばれ、親戚からも、奇異な目で見られることに。
やがて彼は呼び名の通り、巧みな嘘つきに成長。タイに渡り、名前を変えて、偽の経歴を手に入れて詐欺師となり、記憶の中の真犯人と再会。復讐することを誓い、日本に戻ってくる。殺人事件当夜に起こった真実に迫る中で浮上する関係者たち―。30年の時を経て事実を知った浩一は、詐欺師ならではの手法で、事件関係者たちに罠を仕掛ける。
さらに、スキャンダルを暴き、犯罪者としての顔も暴き、社会的に抹殺しようとする浩一、しかしそれを阻もうとする大企業の社長との間で熾烈な攻防戦が繰り広げられていく…。
この壮絶な復讐劇の果てに、浩一は思いを遂げることが出来るのか――?!
また相棒の女性詐欺師、さらに、大企業会長の愛娘の女医も登場。浩一を巡る三角関係、複雑な愛憎劇も巻き起こる――。
鮮やかな“ダマし”で積年の恨みを晴らす爽快な復讐劇、運命を惑わす禁断の三角関係などを、ときにはシリアスに、ときにはユーモラスに描き、先が気になるスリリングな展開で視聴者を魅了する!

<スポンサードリンク>

第一話目のあらすじ

第1話では、犯人に襲われ顔を見てしまった9歳の浩一(草なぎ剛)。母と弟と家に帰宅すると父が殺害されているところに遭遇してしまう。母と弟は殺され浩一だけが生き残った。犯人を目撃した浩一は「犯人は父ではない、真犯人の顔を見た」と警察に繰り返し証言しても、信じてもらえず「嘘つき」と呼ばれ、事件は父親の無理心中として処理されてしまう。誰も浩一の言ってることを信じてくれなかった。やがて浩一はタイに渡り、名前を変え、偽の経歴を手に入れて、詐欺師となり、正真正銘の“嘘つき”に。しかし偶然にも記憶の中の真犯人腕にある“あざのある男”と偶然に再会したことで30年間眠っていた“怒り”を呼び覚まし、復讐するため日本に帰国することを決心する。犯人とみられる“あざのある男”の男に接近し、敵を追い詰めるが…“あざのある男”は共犯者で、さらに黒幕がいることを知るという内容。

ファンの感想まとめ

草なぎ剛さんの演技力の凄さ、魅力がわかります。

https://twitter.com/freebirdyummy/status/818793777154244609

https://twitter.com/chiepooh83/status/818807538653138944

https://twitter.com/tmap79/status/818898425080991746

木村拓哉 特集一覧

<スポンサードリンク>