木村拓哉×スペシャル対談!「A LIFE~愛しき人~」1月3日第一弾


<スポンサードリンク>

木村拓哉 特集一覧

冬の新作ドラマ祭り!主要キャストが大集合!1月3日放送

木村拓哉×スペシャル対談!「A LIFE~愛しき人~」(アライフ)

木村拓哉さんが日曜劇場に帰ってくる!!挑むのは恩師を救うためアメリカから戻ってきた職人外科医!
超豪華キャストで紡ぐヒューマンラブストーリー「A LIFE~愛しき人~」

木村拓哉×浅野忠信

~共演してみた感想は?~

木村「僕はもう単純に興奮状態です。
もちろん撮影前にお会いして、プライベートで以前、本当に会ってたことがあるんですけど、出演者と出演者という形で会うことは今回が初めてだったので、その時にディスカッションさせてもらったときに、これだけの表現者がこの作品に対して顔合わせ、本読みの全然前に熱を帯びていてくれたのが僕はすごく嬉しかったし、恥ずかしいんですけど本人を目の前にして…“あっ、本当にこの人とキャッチボールできてる、プレーができてる”っていう

幼なじみっていう設定が非常にその関係性を ぐーっと間合いを詰めさせてくれてるんですけど、でも興奮しています」

浅野「ありがとうございます。そうですねぇ、一緒にやってて全く僕が持っていない集中力というか、そういうのを持ってらっしゃるんだなというのをすごい一緒にやってて感じるんですね」

木村「嘘だ~(笑)」

浅野「いやいや本当ですよ。全く違うスタイルなんだなというのはすごい感じてまして、そういう要素を少しでも盗めればと思って、すごく観察しています」

木村「やめて(笑)
でも雑誌の対談とかさせてもらったときに『いつも自分がいる世代が一番だと思ってるんで』って言った時に、そう胸を張れる感覚が、僕はすごい“あっなんだ、こういうふうに素直に胸張って真っ直ぐ言ってくれる同じ世代の奴が居てくれてるんじゃん”っていう感覚がものすごいあったし、経験値としては多少、本当に微々たるものだけど、ある分、より最前線に立つべきなんだろうなぁっていうのは思いましたね」

 

村拓哉×村文乃

~木村文乃から見た「木村拓哉」~

木村文乃「共演前はキムタクでした。共演後はスターです」

木村拓哉「何言ってんの?(笑)」

木村文乃「お正月の東京フレンドパーク出させていただいたときに、練習の段階から“なるほど。スターになるっていうのはこういうことなんだな”っていう

勝ちにいくまでやるっていう、勝ちのパターンをしっかり体にたたき込んで万全の状態で挑むっていう、準備なくしてスターにはなれないんだなっていうことを学ばせていただいた」

~木村拓哉から見た「木村文乃」~

<スポンサードリンク>

木村拓哉「僕の印象は本当に撮影入る前に(皆で)食事させてもらったときに感じたのは、しっかり食らいつく方なんだなって思って。

話の中でオペナースっていう柴田由紀さんをやってくれてるんだけど、もう食事の席で半分、(役の)柴田さんになってるというか…(笑)

フワッとしてる人なのかと思ったら、割とこう…こうっすよねっていう(笑)」

木村文乃「すみません。もうちょっと態度を改めます」

木村拓哉「いやいや、どちらかというと僕はそういう方のほうがゾーンに入ってる方なんで、すごく嬉しいです」

 

そして、このドラマのキャッチコピー『あなたを救うために、生きてきた。』に因んで、こんな質問。

◯◯ために、生きてきた。
~あなたの◯◯は?~

木村文乃「この仕事だけはすごく長く続いていて諦めずに向かっていられる理由ってなんだろうって考えたときに親孝行したいんだなって思いまして」

木村拓哉「ええ子や」(笑)

木村文乃「お正月に母親がハワイ行きたいって言いだして、その為に実は英会話4年きっちり通って、じゃあって取ったのに都合が悪く行けなくなってしまいまして、あと何回大きい親孝行してあげられるだろうなって思ったら、続けられるだけ仕事続けて、出来る親孝行を全部して「あんたの親孝行いいわ」って死ぬときに言われたい。

この世界で生きてる理由それだなって思ったっていう」

木村拓哉さんが言葉をかける前にスタッフさんが「すごいほっこりしました。ありがとうございます」と一言。

☆番組内容

超豪キャストが集結が集った日曜劇場「A LIFE~愛しき人~」この冬、最高のヒューマンラブストリー
1月15日スタート日曜よる9時スタート[初回25分拡大スペシャル]

 

〈出演〉

木村拓哉・竹内結子。松山ケンイチ・木村文乃・菜々緒・及川光博・浅野忠信

木村拓哉×スペシャル対談!ドラマ「A LIFE~愛しき人~」1月6日第二弾

木村拓哉主演ドラマ「A LIFE~愛しき人~」6個の注目ポイント

木村拓哉 特集一覧

<スポンサードリンク>