タモリSMAPへの思いを直筆メッセージ寄稿(スポニチ)

Pocket

<スポンサードリンク>

木村拓哉 特集一覧

SMAP2016年12月31日に解散。メンバーと親しいSMAP×SMAP(スマスマ)のビストロ最終回にも出し、最後の共演者でもあるタモリさんこと森田ー義(71)が、SMAPへの思いを直筆でスポニチに寄稿したことがわかりました。

タモリ直筆メッセージ


(引用 http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/01/01/gazo/20170101s00041000165000p.html)

「スマップは立派だよ。小さい時からずっとずっとメンバーみんなで力を合わせて、これだけ長い間、一所懸命に走ってきたんだ。それだけで十分じゃないか、彼らが残したもの、彼らが人々に与えてくれたものを考えれば、誰でもみんな「ありがとう」という感謝の言葉しかないんじゃないかな。人生に勝敗なんてないし、どっちがいいとか悪いとか、そんな判定みたいなことなんてどうでもいいんだ。大切なことそれは引きずらないことだ。乾杯すれば、それで仲良し。やったことはすぐ忘れる。それが大事。人間なんて、そんなものだ。先はまだまだ長い、どこでどううなるかはわからない。」

<スポンサードリンク>

森田一義


最後の 共演者となった去年12月19日放送の「SMAP×SMAP(スマスマ)ビストロ内で、タモリさんビストロの最後の判定を「乾杯したら勝敗はない」して判定はせずに、香取慎吾さんが「これまで支配人を務めてくれた、勝者は中居くん!」と判定した。

その後タモリさんはバカラの星型クリスタルをメンバー全員にプレゼント。この星型のクリスタルにはSMAP×SMAPと名前が彫られており、5人の絆を意味しているようだ。

タモリさんはSMAPメンバーが本当に好きなのが伝わってきます。そして今回の手紙もタモリさんの人柄が良くわかり、素敵な人なんだと実感させられました。長年長寿番組を務めていたタモリさんだからこそ、SMAPメンバーの気持ちが分かる部分も多いのでしょう。本当にSMAPへの思いやりの詰まったメッセージでした。

 木村拓哉 特集一覧

<スポンサードリンク>