UOMO【ウオモ】2月号 木村拓哉第5回「価値」について語る


<スポンサードリンク>

木村拓哉 特集一覧

UOMO[ウオモ]2016年12月24日発売2月号

連載 第5回

木村拓哉
Session

毎回一つのキーワードを決めたら、あとはすべてフリースタイル。
ゲストを招いてのクロストークもあれば、ひとり語りのときもある。
自由なセッションになっています。

そして、今回の写真は短髪になってからのかっこいい木村拓哉さんの姿が!!

連載第5回は旧知の仕事仲間であり先輩として慕う「アニキ」ことスタイリスト野口強さんと、氏と男にとっての“価値”について対談しています。

<スポンサードリンク>

 

木村拓哉さんと野口強さんと今回「テーマ」にそれぞれの思いを語る中、木村さんは野口さんに「いちばん価値のあるものは?」と質問すると、野口さんは写真と答え、逆に野口さんが木村さんに「宝物は?」と問いかけると。木村さんは愛用にゴローズについて語りと内容の濃いものになっています。

そんな「価値」についてトークする木村さんの気になる言葉があります。

木村「世の中が思う価値と自分の中の価値のズレがあったりするけど、いくらほかの人にとって価値が低いものでま自分の中でそうでなければいいと思う。好きなものって結局変わらないからね。ルール変更しない限り。だから俺らの関係性も出会った頃から変わらない。でもあと10年くらいたったら、真っ先に相手の体のことを心配しあったりして。

「俺らの関係性も出会った頃から変わらない。」というのはSMAPメンバーのことなのでしょうか?「あと10年くらいたったら、真っ先に相手の体のことを心配しあう」というのはまたSMAPメンバーと出会うことを願っているように私は感じてしまいました。

是非まだ見ていない方は見てみてはいかがですか?

<スポンサードリンク>