木村拓哉サーフィン雑誌『NALU(ナルー)』撮影の裏話!!

Pocket

<スポンサードリンク>

木村拓哉 特集一覧

SMAP・木村拓哉さんの新連載がスタート!

今回木村拓哉さんがサーフィン雑誌『NALU(ナル―)』に新連載

新連載“ザ・サーフィン・ディスカバリー”始動。

NALUの前に現れた彼は、みんなの知っている木村拓哉さんとは少し違い

そこには、ひとりのサーファーの姿が!

ロングボーダーとしても知られるSMAPの木村拓哉さん、奥様である工藤静香さんとサーフィンが縁でご結婚なさったエピソードは有名です。

そんな木村拓哉さんがパーソナルを務めるラジオ「Whtat’s UP SMAP」でNALUの撮影の裏側について語っています。

木村拓哉(拓哉キャプテン)

NALUっていう雑誌なんですけど、こちらサーフィンはもちろんのことサーフカルチャーだったりとか、とにかく僕はNALUさんの掲載されている写真が綺麗ですごく大好きで、以前から読んでいたんですけど。

それで”まさか!”っていう感じで、「こういう雑誌でお仕事できたら最高だよな~」っていう、僕の呟きを、SMSやTwitterそういう呟きでは無く、ホントに口からでた呟きで、スタッフの方が「あんなこと言ってるな」ってキャッチしていたらしく。

それで、お話をNALUさんにしていただいたら、NALUさん的に「マジで言っているんですかそれ?是非お願いします。」っていうことに。

<スポンサードリンク>

実際に始める前に「どういう事をやりたいですか?」ってことをNALUさんのスタッフの方達と一緒に話しをさせて頂いて、それで「じゃ~是非お願いします」ってなって、お互いが”すげえ、嬉しいっす”みたいな感じになって。

自分的にも好きな雑誌だったので、そこで何か自分のスペースを設けてくださるっていうのすごく嬉しくて…。

でも、さすがサーフマガジンというか、素晴らしいですよねっ!。

「おはようございます」って、その場所に着いた瞬間に「じゃ~こちらの方で写真撮りますので」っていう。

普通取材とかになると、ヘアメイクさんが待っていてくれたり、スタイリストさんが待っていてくれたりっていうのが常なんですけど。

そこはサーフマガジンということで、「それいらないですよねっ!ここは、素の木村さんでいて頂きたいので、いらないですよね?」って。

 

雑誌NALU(ナルー)とは

1995年創刊。“THE ART OF SURFING”をテーマに掲げた、大人のためのサーフカルチャー誌です。2016年に記念すべき100号を迎え、かつてロングボードの世界観を世に広めた『NALU』は次なる道へ進んでいます。それは、流行やファッションではない、波と共に生きるサーファーの生き様を追求すること。つまりはサーファーズ・アイデンティティの確立です。余分なものを省き、自然と共鳴するシンプルな暮らし……波との出会いは一期一会。そんな儚くも美しい波を心から愛するサーファー達の、心揺さぶるサーフフォトが満載です。

NALU No.103(2017年1月号)
発売日:2016年12月10日(土)
特別定価:1,620円(本体1,500円+税)
第1特集:完全保存版 サーファーだけが知っているハワイ
木村拓哉新連載スタート!
木村拓哉がサーファーとして会ってみたいサーファーを訪ね、話しをして、一緒に波に乗る連載企画です。
第一回は、サーフィン歴52年、シェイプ48年、レジェンドサーファー川井幹雄氏を千葉に訪ねます。

木村拓哉 特集一覧

<スポンサードリンク>