草なぎ剛ドラマ「嘘の戦争」タイのバンコクでクランクイン!


<スポンサードリンク>

木村拓哉 特集一覧

2016年11月19日に、草なぎ剛さん主演ドラマ「嘘の戦争」の撮影をタイ・バンコクの観楽街のソイカーボーイでクランクインされました。

復讐物語「銭の戦争」から2年、再びスタッフたちが集結して制作するシリーズ第2弾「嘘の戦争」。

ws000000

ロケ地のソイカーボーイは、バンコクで一番活気のあるゴーゴーバーの出店地域、BTS(高架鉄道)と地下鉄の駅に近いことから、多くの利用者が集まるそうです。

ゴーゴーバーとは

ws000002

ゴーゴーバーとはクラブ型の店舗で、タンクトップ・短パン、水着や下着姿等露出度の高い服を着た女性、もしくは半裸・全裸の女性がステージ上で踊っているバーのことを言う。
ゴーゴーバーの多いアジアの都市というと、タイではバンコク、パタヤ、プーケット、フィリピンではマニラやアンヘレスがあげられる。

店の内装はバーやディスコに近い形が多く、女の子が踊っている台を囲むようにカウンター席やテーブル席が配置されている。単にドリンクを飲みながら水着や下着姿で踊る女の子を見て楽しむ事も出来るし、気に入った女の子がいれば指名して一緒に席で飲む事もできる。

草なぎ剛「もう帰りません」
草なぎ剛

<スポンサードリンク>

「嘘の戦争」クランクインを直前に、草なぎ剛さんは心境を語っています。

制作の関西テレビは初主演ドラマ「いいひと。」(97年)や「僕の生きる道」(03年)シリーズとかターニングポイントになったドラマが多くて。今回もリスタートの気持ちで頑張りたいと思います。」と心境を語っています。

そんな草なぎ剛さんは撮影が始まるとタイ・バンコクをだいぶ気に入ったようで、(「日本)にもう帰りません」と冗談をいうほど気に入ったようです!

撮影初日には、1時間以上続くスコールが3回も降るなど、ハプニングにも見舞われたが、3日間のタイでのハードな撮影は無事に終了。草なぎは「なんかタイに馴染んじゃって、もうずっと居ようかな。日を追うごとに、僕はタイに来るべくしてきたんだなと実感してしまったので、もう帰りません(笑)そのぐらいしっくりきて、撮影も順調です」とコメント

『嘘の戦争』あらすじ

大好きな父が母と弟殺して無理心中した…でもこれは仕組まれた殺人事件だった。一人生き残った浩一は、真犯人の顔を見た。でも大人は誰も相手にしてくれない。誰も信じてくれない。浩一は家族からも社会からも孤立してしまう。
16歳になった浩一は海外へ渡り、心の傷を嘘でうめ、やがて天才的詐欺師になる。難なく出るとっさの嘘で相手を騙す、そして一度見た顔は忘れない。これは浩一の最大の武器だ。浩一は不倶戴天の犯人への復讐のため、再び日本へ。
ただの復讐ではない、詐欺師の復讐。とことん翻弄して、最後は社会的に抹殺するのだ。しかし浩一の前には新たなる敵が。敵が増えるほど浩一の知能は覚醒していく。浩一の復讐劇の幕開けだ…!

ws000001

嘘の戦争は、関西テレビの制作で、フジテレビ系列で2017年1月スタート。毎週火曜午後9時から放送予定です。

出演・キャスト

草なぎ剛、藤木直人、水原希子、菊池風磨(Sexy Zone)、マギー、姜暢雄、野村麻純、大杉漣、山本美月、安田顕、市村正親

木村拓哉 特集一覧

<スポンサードリンク>