木村拓哉(キムタク)幼少期・子供の頃の負けず嫌いエピソード

Pocket

<スポンサードリンク>

木村拓哉 特集一覧

国民的アイドルSMAP木村拓哉さん(キムタク)がジャニーズ事務所に入るまでの幼少期エピソードまとめ。そこには木村拓哉さんが負けず嫌いになった理由があった。

木村拓哉 幼少期

木村拓哉さんはいったいどんな子供時代を過ごしていたのでしょうか?

木村拓哉さん本人が子供の頃のことを語ってます

木村「オヤジにボコボコ殴られて育ちました。おかげでというか、ものすごく負けず嫌いなんです。たとえば、ちっちゃい頃、オヤジとキャッチボールするでしょう。すっげぇボール投げるんです。“取らね~と、痛ぇぞ!”ってもう必死で取るしかないよね」(JUNON’94年9月号)

どんな勝負事でも本気で手を抜かない負けず嫌いな性格は父親のスパルタな教育からのようだ。

その負けず嫌いな性格は剣道の習い事でも発揮していたようです。

<スポンサードリンク>

「木村拓哉さんが習っていた剣道の先生の話ではかなり厳しい稽古で、みんな稽古中に泣くんだけど、木村くんは泣いても向かってきた。倒れても竹刀を離さない。そういう根性があったとか」(女性誌記者)

木村さんの母、木村まさ子さんも雑誌の取材で

「中学のころ、同級生の女の子のお母さんが亡くなったんです。“料理の仕方がわからなくてかわいそうだから、教えてあげて”って家に連れてきたことがありました」

そんな中学時代は体操部で女の子にモテモテだったそう。

そして祖母が知らないうちにジャニーズ事務所に写真を送ったことがきっかけでジャニーズ事務所に入った。

「断りに行ったのに、“ちょっと踊ってみて”と言われたそうです。で、やってみたらできなくて、ほかの人はカッコよく踊ってるのが悔しくて、やる気になったんだとか」(テレビ局関係者)

負けん気の強さがきっかけで本当は芸能界に興味がなかったが、負けず嫌いな性格でジャニーズになった木村さん。今も変わらずどんなバトルも本気なところがカッコイイですよね。

木村拓哉 特集一覧

<スポンサードリンク>