木村拓哉(キムタク)「SWITCH」エディ・スリマンとの出会い!


<スポンサードリンク>

木村拓哉 特集一覧

2016年8月日ラジオ
Whtat’s海賊団
木村拓哉Whtat’s UP SMAP!!

木村拓哉のWhtat’s UP SMAP!

雑誌「SWITCH」(スイッチ)に書かれていたインタビューの中でエディ・スリマンとの出会いについて触れており、そのエディとの出会った時のエピソードをキャップ(木村拓哉)が語ってくれました。

『switch 』2016年7月20日木村拓哉アウトローへの道

鹿児島県 ヒロロさん 31歳 (女性)

キャプテンこんばんわっつ★
キャプテンが表紙の雑誌「SWITCH」買いました。
かっこよかったです。写真もインタビューも素敵で、宝物がまた一つ増えました。
ところで、そのインタビューの中にあったエディ・スリマン氏にナンパされショーに出たと言う話、驚きました。
エディ・スリマンのサンローランが大好きだったので、今年彼が去ってしまう事を非常にさびしく感じています。
よかったら、その時のお話を詳しく聞かせてください。

エディ・スリマン 木村拓哉
エディ・スリマン

キャプテン(木村拓哉)

以前原宿の明治通り沿いの会場で、エディ・スリマンがサンローランの、ファーストシーズンだったんですけど、全部オートクチュールから何から何まで彼がデザインをしてた。

<スポンサードリンク>

ファッションモデルさんって、身長180センチ以上で、”あ、こういう人たちですよね!”っていう人たちが参加するものだと、僕は自分の中では認識していたいんですけど。

とある場所で、僕は“この人がエディ・スリマンさん”とぜんぜん自覚していない状態で、“なんかトッポイヤツいるな~”と思って、その時、僕は髪の毛がわりと長めの時期だったんですけど、そしたら「君は、何の仕事をしてるの?」と普通に言われて(笑)。

海外の人に、そういう社交場というか、バーで「何の仕事してるの?」って言われたときに、「僕は、テレビドラマに出たり、映画に出たり」とか言うのが照れ臭くて(笑)。

「まぁ、なんか、その時できることをやってるかな~」みたいな(笑)。

彼からすると、僕から受けた説明を聞いたうえでは「あ、フリーターなんだ!」っていうくらいの感覚だったと思うんですけど(笑)。

でも髪の毛長くてアジアの子がそんな、男性で髪の毛長くして、なんか「もしよかったら、僕のショーに出てくれないか?」って言われて、「ショーって何すか?そもそも、誰っすか?」みたいな話をして(笑)。

そしたらイヴ・サンローランというセカンドシーズンじゃなくてファーストシーズンだったんで、イブサンローランって物のオートクチュールで「君用に服を一個作るからショーに出てくれ」と言われて、「いやいやいや、ファッションショーっておかしいでしょっ俺が歩いてるの」っていう感じだったんですけど、「ぜひ、来てくれ」という話になって、「じゃあ行こっかな」ってことで(笑)。

すっげー恥ずかしかったですね!見渡す限り、周りは海外のモデルさんなんですよ。“ファッションショーの舞台裏って、こうなってるんだ!”っていうね、クラブの延長みたいな?

みんなシャンパン飲んだりとか、”もっと真面目にやるもんじゃないんですか?”っていう感じだったんですけど(笑)。

周り海外の方ばっかりだったんでシャンパン飲んで「イエ~イ」とか言って、じゃあ俺、そろそろ着替えるぜ!みたいな感じで着替えにいったと思ったら、”ビシー!”っていう目をして、ランウェイに出て行くんですよ。

“うわ、すっげー!”って思って。

で、「君用に作ったのこれだから着て」って言われて、ロングコート、コートなのに袖がなくて「君には腕を出してもらいたい」ってことになって、“ハ~イ”って歩いてって、そしたら会場にはいつもスタイリングでお世話になっているスタッフの方だったり、知り合いがすっげー来てるんですよ、恥ずかしかったですね。

みんな指差して笑ってるんですよ“キタ~”みたいな感じで(笑)。

そういうこともありました。けっこう前の話ですけど…次エディが何してくれるのか楽しみです。

木村拓哉 特集一覧

<スポンサードリンク>