SMAPグループ名のつく番組が消滅「スマスマ」「おじゃマップ」…

Pocket

<スポンサードリンク>

木村拓哉 特集一覧

国民的アイドルSMAPが今年12月31日に解散が明らかになったことで、放送・広告業界も大混乱に・・・。

テレビ・ラジオ番組は全18本。10月改編は内々ですでに終わっているため、打ち切りやタイトル変更などの決断を下すのは1月期以降。それでもテレビ朝日系「SmaSTATION!」「『ぷっ』すま」、フジテレビ系「おじゃMAP!」などグループ名が冠につくものは消滅することになるとみられ、各局ともに週明けからスポンサーとの調整などに追われることになる。(スポーツ報知)

現在、各番組でSMAPメンバーについて報道が続いている、「SMAPメンバーの会見はあるのか?」や「最後に五人で歌うの?」といった話が注目されている。

 放送20周年を迎えたフジ系「SMAP×SMAP」も年内での打ち切りが濃厚。もっとも長いレギュラー番組で、今年1月の生謝罪など、メンバー間での出来事の際には必ずこの番組を通して発信してきたことから、スマスマが5人の姿が見られる“最後の舞台”になることも考えられる。(同記事)

<スポンサードリンク>

SMAPとしては解散という決断をしたが、ジャニーズ事務所の移籍はなく、ソロ活動へとなっているというが、どうなっていくのでしょうか?

 CMはすでに、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンなど5人で出演していた企業の契約は終了している。今後は、ソロで出演中のCMについての契約期間の見直しが、広告代理店を通じて始まる。5人は不祥事を起こしたわけではないが、イメージ優先の企業にとって、「SMAP」というブランドを失ったことは少なからず影響するだろう。(同記事)

今後SMAPとしては新曲はないという、シングルリリースは15年9月の「Otherside/愛が止まるまでは」が最後になり、25周年のベスト盤などのリリースが濃厚だそうだ。

 これからはソロ活動になるSMAPメンバー、今後ソロ活動で皆さんが良い方向に進むことを願うしかない。

木村拓哉 特集一覧

<スポンサードリンク>