バカリズム・木村拓哉さん妻 工藤静香さんが私生活・噂・裏話を話す


<スポンサードリンク>

木村拓哉 特集一覧

2016年3月19日(土)放送の
「バカリズム」に
木村拓哉さんの妻、工藤静香さんが出演。
MCバカリズム MCマギー

バカリズム マギー
[ソロ30周年を迎える工藤静香さんの噂を徹底検証]
その中で私生活についても話します。
まず

工藤静香さんのプロフィール

工藤静香

1986年 アイドルグループ おニャン子クラブのメンバーとして
注目を浴び
1987年 ソロデビュー
1989年 年間ランキング上位TOP10に3作全入るという
開局を成し遂げ
さらには画家としても活躍、幻想的なタッチが評価されこれまでに
数々の絵画作品が入選
結婚そして出産をへた今もなを、様々な顔を持ちながら
輝き続けているアーティスト

工藤静香さん 画家

作品 「瞳の奥」

工藤静香 スーパーヒットメドレー

工藤静香 スーパーヒットメドレー

「嵐の素顔」作詞:三浦徳子 作曲:後藤次利
・振り付けが社会現象に
「慟哭」 作詞:中島みゆき 作曲:後藤次利
・自身最大90万枚以上セール
「黄砂に吹かれて」 作詞:中島みゆき 作曲:後藤次利
・オリコン6週連続1位
「抱いてくれたらいいの」作詞:松井五郎 作曲:後藤次利
・当時17歳 大胆な歌詞で話題に
「恋一夜」 作詞:松井五郎 作曲:後藤次利
「MUGO・ん・・・色っぽい」
・中島みゆき作詞、紅白初出場

30周年を振り返る

生放送で歌詞が飛んでしまい
工藤静香 無言
“本気でギャフンときたんでしょうね”凄い焦っていた事を明かした。
当時を振り返って、髪の毛とかあと特徴とかを自分で探してたそうで
「無理がありましたよね」と過去の苦労話を和やかに話していました。
そしてこの次に今回のトーク企画

直接 聞きたい!!
工藤静香 伝説 うそ?ホント?検証

工藤静香伝説

工藤静香伝説①

「コンサート入りには必ず暴走族を従えていた」?
従えてはいない!
でも暴走族と暴走族のどちらが私の車を先導するか
ケンカになった。
コンサートが終わった時に、頼んではいないが京都か大阪で駅まで誘導してもらったそうで。
「こっちが先だ」「あちが先だと暴走族」同士がケンカをし始めて
てそのうちチェーンとかまでも持ち出してしまい
それを見た工藤静香は「止めなにゃいけない」と思い。
窓を開けて箱乗りのような状態(ヤンキー用語)でダメよーて言おうとしたら。
当時の社長に引きずり入れられたエピソードを話してくれた。

工藤静香 箱乗り
工藤静香さんが当時の話を必死に説明していて「止めなきゃ」が「止めにゃきゃ」と言ってしまってたのが
とても可愛かったです。

<スポンサードリンク>

男性ファンから女性ファンへ

何回目かのコンサートで、男性の「オー」って声から
途中から女性の声に変わったそうで。
コンサートとかには工藤静香さんの格好をしてる女性はいなかったらしいが。
いたのは六本木の夜の女性がマネしてたと笑っていた。

工藤静香伝説②

「食べ物は100%オーガニック」?
この話はホントで
結婚してお母さんになってから気をつけるようになっって
独身の時は「どうでもいい、生きていればいいと」いう考えで
朝起きたらあずきバーっだったそうですw
木村拓哉さんと結婚してからは食べ物にも気を使うようになり
「全て手作りでやるようになった」
子供たちの健康は第一で家にいる間は基礎的に強くなると
思って作っているそうだ。
工藤静香さんはインターネットショッピングをやっていて
体に良いオーガニックやおすすめの商品を売っているそうで
(BIBIOとファイバープロ)をおすすめしてました。

工藤静香さん手作りケーキ

たまたまずっとお世話になってりスタッフの誕生日で持ってきていた
ケーキを
その「ケーキ」を出して下さいと交渉され
番組で工藤静香さんの手作りが披露された

工藤静香 手作りケーキ

このケーキ全てがオーガニック

工藤静香の子供も結構こういうのが大好きで食べているそう。
もちろん木村拓哉さんも家にいる時は工藤静香さんの手料理を食べたり。
健康面もしっかり考えてもらっているそうなので、
だから木村拓哉さんも工藤静香さんも若いのかもしれませんね。

工藤静香伝説③

「メークもスタイリストもいない」
メークもスタイリストもいない時期は本当にあった。
途中でスタイリストはつけたけど、現在でもメークはいない
理由は顔に何時間もかけるのが信じられないそうで。
自分で30分、本気を出したら5分で終わってしまう。

工藤静香伝説➃

「アーティストなのにボイトレは全くしない」

これもホント!
隣の部屋から他のアーティストの「アー アアアアー」を聴いて
絶対にこれ美学に無いと思ったらしい
あと他の人に努力しているところを見せるのが大嫌いだそうだ。
そしてボイストレーニングをやらなくなった理由は
おニャン子クラブの時に
初めてお会いするボイストレーニングの先生が
ちょっと面白い先生だったらしく
練習方法が
あいうえ おんー」で
それで工藤静香のボイストレーニングは封印されたそうです。
現在はウォームアップは自宅で行うそうだ。
旦那の木村拓哉さんはその姿を見ているのでしょうか?w
工藤静香 新曲
新曲 ゆらぎの月
作詞:松井五郎 作曲:松本俊明  編曲:澤近泰輔

 

木村拓哉 特集一覧

Bad Boyの小ネタ部屋

どうも∼!!
おはようございます、こんにちは、今晩はということで。
バッドボーイが御贈りします。

明日使えるかも!人に話したくなる!ためになる!
そんな小ネタを一記事に一つ皆さんにお届けしています。

では今回の小ネタはコレ!!

笑ったときにでるえくぼ
とても可愛らしいですよね。

中国にはその「えくぼ」には
素敵でロマンチックな言い伝えがあります。

人間は死んだ後、冥界へいく。鬼門関を抜けるとすぐに黄泉路がある。
黄泉路には彼岸花がいっぱい咲いている。

路のはずれには「忘川河」という河があり、河の上には「奈河橋」がある。
橋には「孟婆」という女が番人をしていて、ここを通りすぎる人に「孟婆スープ」を飲ませる。

孟婆さんのスープを飲めば、友情、愛情、この一生の絆を全部忘れることになる。
そして、心に引っかかるものがない状態で、転生する。

「孟婆スープ」は別名「忘情水」ともいい、飲むと前世も今生も忘れ、一生の愛、恨み、情、仇、一世の浮沈、得失が
このスープと共に全部が消える。何も残らない。
愛する人や恨む人に来世で遇っても、互いに関係のない人になる。

でも、いろいろな理由で「孟婆スープ」を飲みたいと思わない人もいる。
飲みたいと思わない人たちには、孟婆さんがこの人たちの体にマークを残さなければならない。

そのマークが「えくぼ」である。

「孟婆スープ」を飲まない人たちは、「忘川河」に身投げをしなければならず、
氷のように冷たい水の中で千年を待って、輪廻する。

そして、転生後、前世の記憶とマークの「えくぼ」を付けて、前世の恋人を探す。

あなたの周りに、えくぼのある人はいますか。いるなら大切にして下さいね。

彼(彼女)はあなたの前世の恋人かもしれませんから。

あなたにまた遇うため、寂しくて、苦しい千年を待っていたのです。

木村拓哉 特集一覧

<スポンサードリンク>