SMAP木村拓哉(キムタク)の母親は木村悠方子は講演会開く宗教家?


<スポンサードリンク>

木村拓哉特集一覧へ

SMAP木村拓哉さん(キムタク)の母、木村悠方子さんは宗教的ともいえる

スピリチュアル化が指摘されている。

 

初めて見る方はどうだろうか!

さすが木村拓哉さんの母親だけあって綺麗だと思われたのではないでしょうか?

 

そんな木村拓哉さんの母親の行動が色々と噂されている。

 

2010年には「宇宙神」を奉っている団体

「世界平和道場」の道場主・佐藤昭二氏と共同で

「ふるさと再生協会」という一般社団法人を設立し、

自ら会長に就任するなど精力的に活動しています。

 

気になるのが名前を何度も変えていることだ!!

 

木村 悠方子

木村 方子

木村 まさ子

 

なぜ何度も名前を変える必要性があるのか?

やはり名前を変えなければいけないことでもあるのか・・・

朝日新聞「ひと」

WS000001
女性誌が木村まさ子さんの事を記事に載せた事により波紋が広がっりました。

 

記事によると悠方子さんは、人材育成アーティストを名乗る活動団体代表と対談した会員向け動画をYouTube上にアップされている。

その中で木村家の内幕を暴露したという。

「子育てについて振り返り、『上の子(キムタク)が中学生になるころ、成長していろんな自我が出てきて、自分も抑え込んでいた自我が出てきた』と告白。

 

さらに『自分自身に疲れ、ふだんの生活は安定剤がないと無理で、夜は睡眠薬を飲まなければ眠れない状態が16年続いたが、家族はそれを知らない』とも」

木村悠方子(まさ子)会談

木村 悠方子さんの告白は注目が集まった。

悠方子さんは息子の子育てを中心に話していたようだ!

 

ファンビジネスとも思える活動で木村拓哉ファンからも母、悠方子さんは有名であった。

 

そして

 

悠方子さんは木村まさ子名義で『イタリア薬膳を召し上がれ』という著作を出した。

木村 まさ子 いただきます

神奈川県 川崎市 宮前区鷺沼(さぎぬま)3丁目5-28に

イタリア薬膳料理「いな田」を経営したりしていた。(閉店)

木村 まさ子 いな田シェフ

木村 悠方子・小暮 剛シェフ

2005年に神奈川県 川崎市 にイタリア薬膳料理店『いな田』をオープンさせたが4年後の2009年に店を閉めた。

それからスピリチュアル化が激しくなったと言われている。

 

そのせいで嫁姑不仲説や家族との疎遠説がついて回る。

木村 まさ子1

「ジャニーズ事務所からは要請はあったようですが

『息子は息子、私は私。好きにやっていく』と言い放ったという報道も。

木村 まさ子

<スポンサードリンク>

すでに閉店していますが、川崎市のレストラン「いな田」は

木村拓哉さんのファンから“聖地”扱いされていたこともあったみたいです。

いな田

今は「いな田」閉店してありまさんがこの場所にありました。

神奈川県 川崎市 宮前区鷺沼(さぎぬま)3丁目5-28に

神奈川県 川崎市 宮前区鷺沼(さぎぬま)3丁目5-28

稲毛新聞創刊20周年記念チャリティ講演会

木村拓哉(キムタク)のお母さんが「愛について」語る↓

木村拓哉(キムタク)母 木村まさ子(木村方子)「愛について」語ります

木村拓哉特集一覧へ

Bad Boyの小ネタ部屋

どうも∼!!

おはようございます、こんにちは、今晩はということで。
バッドボーイが御贈りします。

 

木村拓哉さんの話とは関係無いですが

明日使えるかも!人に話したくなる!ためになる!

そんな小ネタを一記事に一つ皆さんにお届けしたいと思います。

 

では今回はこれだ!!

『安全第一の続きが』

WS000002

『品質第二、生産第三』という続きがある

 

安全第一 (safety-first)は、アメリカ合衆国で誕生した標語である。

 

1900年代初頭、アメリカ国内では不景気のあおりを受け、

労働者たちは劣悪な環境の中で危険な業務に従事していた。

 

結果、多くの労働災害に見舞われていた。

当時、世界有数の規模を誇っていた製鉄会社、

USスチールの社長であったエルバート・ヘンリー・ゲーリーは労働者たちの苦しむ姿に心を痛めていた。

熱心なキリスト教徒でもあった彼は人道的見地から、

 

当時の「生産第一、品質第二、安全第三」という会社の経営方針を抜本的に変革し
「安全第一、品質第二、生産第三」としたのである。

 

この方針が実行されると、労働災害はたちまち減少した。

品質・生産も上向いた景気の波に乗り、この安全第一という標語はアメリカ全土に広まり
やがて世界中に広まった。

 

日本において安全第一の標語は工事現場や工場などで掲示されており、目にすることができる。
「安全」と「第一」の間に緑十字が配置されることが多い。

旗や垂れ幕のほか、作業員のヘルメットや作業車両などに書かれる。

木村拓哉特集一覧へ

<スポンサードリンク>